薬剤師として採用されるために必要な能力

薬剤師は資格を持っている人しか就くことができない職業なので、就職することを目標として資格取得に励んできた方が多いことでしょう。 でも資格さえあれば必ず就職できるのかというと、必ずしもそうとは言い切れないようです。

薬科大学を出て薬剤師国家試験に合格した人は、調剤薬局やドラッグストア等の就職先を探すことになります。 給与や休日日数などの待遇面も大切ですし、やり甲斐等の面から自分が働きたい職場を選んで応募することになるでしょう。

薬局等が希望する薬剤師の人数を上回る応募があった場合は、書類選考や面接で応募者をふるいに掛け、良いと思った人材を採用することになります。 では、薬局などの現場が薬剤師に期待する資質とはどんなものなのでしょうか?

調剤薬局などは薬剤師を置かなければ営業できないので、店舗を運営できるだけの数の薬剤師を雇用する必要があります。 でも、資格を持っているだけでは不十分なのです。 薬剤師は患者さんや薬局に来店したお客様と接する仕事なので、ある程度の対人能力を持った人でないと務まりません。

お店には体調を崩したり、薬の副作用を心配して心細い気持ちで訪れる人がたくさんいます。 ですから、ただ薬を調剤して手渡すだけではなく、お客様の気持ちに寄り添ってあげる気持ちが大切なのです。 機械的なやり取りをしていると、来店した人を戸惑わせてしまったり、怒らせてしまうこともあり得ます。

自分が患者の立場だったらどうなるかをよく考えて、思いやりを持った接客ができる人でないと良い薬剤師とは言えませんし、採用もされにくいかもしれません。 そしていろいろな人が薬局を訪れますから、それぞれに対応できるコミュニケーション能力も重要なのです。

もちろん対人能力だけでなく、薬に対する正確な知識を身につけていることも大前提です。 これからは薬剤師が過剰になることも考えられますし、地域によっては薬剤師の数が十分なので採用数が少ないこともあります。 薬局や病院から選ばれる薬剤師になるために、いろいろな能力を磨いておく必要があるのです。

ページの先頭へ